0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時
0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時

体の歪みを整えたら妊娠した 佐倉市 Fさん 30代女性

猫背で姿勢が悪く、なんとなくスッキリしない……。

デスクワークが長いと、尚更気になるかもしれません。

 

姿勢が整うと血流も改善され、体調が良くなったと感じられる方は多くいらっしゃいます。

ここでは猫背の解消と共に体調が良くなり、その後妊娠されたFさんの症例をご紹介します。

 

◆来院者さんの喜びの声紹介

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

◆症例紹介

Fさんは30代前半。10年以上デスクワークを続けている女性です。

以前から、猫背とカラダのバランスの悪さを気にしていましたが、痛みがあるわけではなかったため、そのまま放置していました。

けれども最近になって、デスクワーク時に椅子に座っていると、カラダが左に偏っているような感覚が強まり、それを戻すために背筋を伸ばすことが辛くなってきたのです。無理に姿勢を良くしようと力を入れるため、背中や首に痛みが出るようになってきました。

そこでスマホ検索をしたところ、近所に口コミ評価の高い整体院東葉コンディショニングをみつけ、行ってみようと思いました。

 

初回来院時は、腰の反りは強く、アゴを前に突き出すような猫背でした。また、仰向けになると、頭と足がどちらも体の中央から右に、まるでバナナのように曲がっていました。この曲がりが強かったために、座ると左に重心が偏っていたのです。

そこで、身体の捻じれと猫背を解消するために、背骨のズレを整え、S字の生理弯曲をつけていくようにしました。

施術後は、スッキリした感じはあるけれど、すごく良くなったという感覚はありませんでした。

 

2回目来院時、「長時間座っていると、身体が以前の悪い姿勢に戻ろうとしているように感じた」とのこと。

長時間のパソコン作業は猫背を誘発し、猫背はお腹の筋肉を圧迫してしまいます。前回同様に背骨を整え、腰の反りを解消するためにお腹の固さをとりました。

また、施術後に立ち姿勢、座り姿勢の保ち方を指導したところ、その後は長時間のパソコン作業が楽になったのです。

 

5回目来院時には、以前からずっとあった肩こりがスッキリなくなった!と報告してくださいました。

 

その後、月に1回程度メンテナンスで来院される中、Fさんは妊娠されました。

幸いなことに、大きな不調もなく毎月メンテナンスにいらしていましたが、7カ月に入った頃に腰がぐらつくような不安定さが目立ち始めました。

寝返りをすると痛みが出るため、身体のバランスをしっかり整えた上で、仙腸関節の動きを調整しました。その後、妊娠中は靭帯がゆるくなるホルモンが分泌されることを説明し、そうした痛みへの対応方法を伝えたところ、寝返りや朝イチでの起き上がりの動き、イスからの立ち上がりで出ていた痛みを出さずに済むようになりました。

 

出産の1週間前まで施術を受けたこともあってか、無事、安産。産後2週間で施術を受けにいらっしゃいました。

出産時に歪んだ骨盤を整え、骨盤を安定させる必要性とその方法をお伝えし、この日は終了しました。

 

その後も、子育ての疲れや腰痛、手首の痛みなどが出ることはありましたが、その都度解消していきました。

「子どもの月齢ごとに発生する悩みの相談もできて、ストレス解消にもなっている」とおっしゃり、毎月身体のメンテナンスを楽しみにされています。

 

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

◆施術例紹介

ここで、実際にFさんに行った施術方法の一例をご紹介します。

【脊柱の生理弯曲の正常化】

脊柱の生理弯曲の正常化

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。

四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

【腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整】

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

【腸腰筋を緩める】

お腹の奥にある腸腰筋は、股関節を動かす時に使う筋肉です。

ここが硬くなると、歩行時の股関節への負担が大きくなります。またこの筋肉が強く収縮すると骨盤が前傾することから、姿勢を保持するためにも使われていることが分かります。

お腹側から、腸腰筋を軽く圧迫することで緩めます。腸腰筋が弛緩することで歩行時の股関節の動きをスムーズにし正しい姿勢を保ちやすくします。

 

◆自分でできる症状改善エクササイズ

Fさんが実際に行ったセルフケアストレッチはこちらです。

【足組みゆらゆら骨盤調整】

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和
  • 腰部可動域改善

 

【肩甲骨寄せストレッチ】

<効果>

  • 肩甲骨の歪み矯正、柔軟性アップ、可動域改善
  • 肩こり、腰背部の緊張緩和
  • 猫背の矯正

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早い症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢や動作は避けるようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

 

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やって、次に行うまでは30分以上あけ、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

体の歪みなどでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

いかがでしたか?姿勢の矯正をはじめ、妊娠中、産後の痛みや不調でお困りの方は、ぜひ整体院東葉コンディショニングにご相談ください。

 

電話問い合わせ

 

◆関連記事

その他の症状について詳しく知りたい方は、是非こちらもご覧ください。

・症例:子育て中の腰椎椎間板ヘルニア 

https://toyo-care.com/voice-shorei/koshi5/

・症例:産後の肩の痛み、骨盤矯正だけではよくなりません

https://toyo-care.com/voice-shorei/kata2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加