0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時
0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時

運動不足だからと言って歩いたら膝に痛みが出た 勝田台50代女性

歩くことは健康に良い……。そう思い立ち、急にたくさん歩き始めるのは要注意です。

なぜなら身体が歪んだ状態で歩けば歩くほど、体を悪くしてしまうことがあるからです。

運動不足だからといって、突然散歩を始めた結果、膝を痛めてしまったMさんの話をご紹介します。

 

来院者さんの喜びの声紹介

勝田台在住 M・M さん 59歳 女性

普段運動をしない私は、5月の初め散歩をした時に膝を痛め、その後つま先立ちで、ビッコをひきながら痛さに顔をしかめながら歩く毎日でした。

その時息子が自分で行っている整体に行ってみようと言い、つれてきてもらいました。

行った時は、つま先でビッコを引いていたのに帰るときは足の裏全部をついて歩けるようになりほんとうにビックリしました。

こんな事なら、もっと早く来ていれば良かったと思い本当に感謝しております。

 

 

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

50代女性Mさんの症例紹介

では、Mさんはどのようにして膝の痛みを克服していったのでしょうか。

 

50代のMさんは、普段はあまり外出することがほとんどなく、ほぼ家で生活をしていました。

ですが、少し体を動かさなければ、この先歩けなくなるのではないかと不安になり、散歩を始めることにしました。

 

ところが、その一回の散歩は2時間と長く、歩くうちに膝が痛くなってしまったのです。1日経てば良くなるだろうと思っていましたが、翌日も膝の痛みは続き、遂には足を引きずりながらではないと歩けなくなってしまいました。病院に行くと、変形性膝関節症という診断。ヒアルロン酸の注射をしたのですが、顔をしかめ、膝の痛みに堪えて歩く毎日に変わりはありませんでした。

その様子を見ていた息子さんが、病院ではなく自分が通っている整体院東葉コンディショニングに行こうと勧めたことで来院されました。

 

来院時のMさんは、足の裏全体をつけることができず、つま先立ちで足を引きずりながら歩いていました。長いこと全く運動をしていなかったために、固く動かなくなっていた股関節と足首に、突然たくさん歩いたことで無理な負荷をかけてしまったのです。

そこで、まずは左右の脚の長さを揃えるなど全身のバランスを整えると、しっかりと足裏全部をつけて歩けるようになりました。

Mさんも息子さんも1回目の施術で変化が出たことに驚いていました。

 

2回目来院時には、更なる期待ができると思いきや、来る前より痛みが強くなってしまっていました。理由は痛みがなくなった嬉しさのあまり、息子さんの制止を聞かずにスクワットをしてしまったからです。

改めて、今は運動を控えるようお話しし、代わりに整体院東葉コンディショニングオリジナルの「センターラインインソール」を履いてもらい、足の調整をしながら通院してもらいました。

 

インソールを履くようになってからは、多少膝周りに張りはあるものの、30分程度の道のりは痛みなく歩けるようになりました。

更に2ヶ月後にはその膝周りのハリもとれ、息子さんよりも早く歩けるようになったのです。

今では、毎月一回行われるウォーキングの会に参加したり、これまでできなかったことをたくさん経験することができるようになりました。

 

施術例紹介

それでは、Mさんに実際に行った整体施術の一部をご紹介します。

【脊柱の生理弯曲の正常化】

脊柱の生理弯曲の正常化

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

【足部調整】

うつぶせで足部の調整を行い、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つを形成します。足部に正しいアーチを作ることで身体を支える安定力、衝撃吸収力、運動能力を機能させることが出来るようになります。

【下肢アライメント調整】

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

下肢アライメントを整えることで、その上部ある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

【脊柱の生理湾曲の正常化】

骨盤をゆがませる原因になる臀筋とハムストリングスをゆるめます。骨盤の安定化と股関節、膝関節の可動改善、下肢の疲労回復を図ります。

【股間節調整】

股関節に対し圧を掛け、硬くなった関節の動きを改善させていきます。さらに、股関節周辺の硬くなった筋肉を緩め、関節を正しく動かすことで、股関節のはまりを正常化します。

【膝関節調整】

あおむけで膝関節を動かしながら調整します。正しい軌道で関節を曲げ伸ばしすることで、膝関節周辺の筋肉弛緩、膝関節のストレッチ、膝蓋骨の可動改善を図ります。

大腿四頭筋ストレッチ

<効果>

  • 足の疲労緩和
  • 膝、股関節の柔軟性向上

ハムストリングストレッチ

<効果>

  • 足の疲労緩和
  • 膝、股関節の柔軟性向上

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早い症状回復が見込めます。普段から痛みが出るような姿勢や動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

履くだけで体の軸を作るセンターラインインソールのご紹介

Mさんが使用した「センターラインインソール」は、 整体時の足部調整理論と同じ発想で設計しています。

足のアーチが崩れるなどの足部の歪みを、靴の中に入れるインソールによって効率よく改善させ、足の骨格バランスを最適にし、「安定性」 と「運動性」と「吸収性」を実現させた商品です。

<詳しくはコチラから>

センターラインインソールオフィシャルサイト

センターラインインソールヒール用サイト

 

膝の痛みなどの症状でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

いかがでしたか?普段全く運動していない人が、突然慣れない動きをするとたとえ散歩程度であっても、膝に大きな負担がかかってしまいます。

これから歩き始めたいけど膝に不安がある、という方はお気軽にご相談ください。

 

電話問い合わせ

 

 

◆関連記事

・症状専門ページ:膝痛

https://toyo-care.com/hizatsuu/

・症状専門ページ:変形性膝関節症

https://toyo-care.com/henkeiseihizakansetsusyou/

・来院者さんの喜びの声

https://toyo-care.com/voice-shorei/