0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時
0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時

ストレートネック・スマホ首改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

    • マッサージに行ってもその時だけで一向に改善しない
    • 痛み止めの薬やシップを手離せない
    • 上を向くと肩や腕、手にビリっと電気が走る
    • パソコン作業、運転の時に腕がだるく痛み、シビレがある
    • スマホを操作していると首や肩がこる
    • 首と頭の付け根が常に詰まっている感じで眼精疲労が酷い
    • 常に首肩が張っていて、頭痛がする
  • 首こりからくるめまい、動悸など自律神経の乱れを感じる
  • 首を鳴らすのをやめられない

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「ストレートネック・スマホ首によるツラい首、肩こり、頭痛を治したい」

「色々な治療院に行ったがなかなか治らない。なんとかして欲しい」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

 

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くの変形性股関節症の方が改善するのか?

東葉コンディショニングでは痛みが出ている部分(症部)ではなく、症状を作り出している原因を見つけ出し治療をする「根本療法」を行います。

東葉コンディショニングのストレートネック・スマホ首施術

ストレートネックは、パソコン作業やスマホの操作のように、首の筋肉や関節への負担が大きくなるうつむいた姿勢を長時間取り続けるとなります。

ストレートネックの多くは、首が前方に突き出て猫背になっており、頭の重さが首や肩の筋肉や関節に過度な負担を掛けるため、慢性的な首痛や、肩こり、頭痛、背中痛、めまいといった症状に悩まされます。

ストレートネックによる症状は、この真っ直ぐになった頸椎の状態を治さない限り、マッサージやシップなどで対処しても、一時的なものになり慢性化してしまいます。

そのため東葉コンディショニングでは、首だけではなく、骨盤や胸郭、背骨など、身体全体の歪みを整えていきます。身体全体のゆがみが整い、姿勢が矯正されると、首を支える土台が安定します。そうすれば、頸椎に過度な負荷が掛かることがなくなり、症状の緩和や改善、再発しない健康な体を獲得できると考えています。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

 

例えば、骨盤が歪んでいると、その上にある頭部や腰椎や胸椎、胸郭も歪んでバランスを取ります。当然、その上にある頚椎も歪みます。その結果、頸椎の周囲にある筋肉や関節に過度な負担がかかり続けるようになります。脚や骨盤といった土台が整えば頭部は本来の位置に戻るため、首の負担が軽減します。

 

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底したストレートネック・スマホ首による首の痛みや慢性的な肩こり施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • カラダ全体のバランス調整
  • 生理湾曲の形成、骨盤のゆがみ改善
  • 仙腸関節の可動改善
  • 胸郭可動調整
  • 猫背、円背矯正・頸部~肩、肩甲骨、腕まわりの筋肉群へのアプローチ
  • 頸椎ゆがみ調整
  • 頸椎椎間板ストレッチ

などで、ストレートネック・スマホ首による、首の痛みや慢性的な肩こりの原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っているストレートネック・スマホ首による、首の痛みや慢性的な肩こりを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

脊柱の生理湾曲の正常化

脊柱の生理弯曲の正常化

背骨は、体重の約10%といわれる頭の重さを支えています。

成人の頭の重さは約6~8kg = ボーリング玉の16ポンド(7.2kg)です。その頭の重さを支えているのが、脊柱の生理弯曲と言われるS字カーブです。このS字カーブは、バネの役割をし、衝撃を和らげたりバランスをとったりしています。

脊柱のS字カーブの中でも重要なのが、腰椎と仙骨が接する適度な角度がついている部分です。この角度によって、理論上体重の約3倍の重力が腰部に加わっても、分散吸収してくれるのです。このように、腰部の生理弯曲を本来の形にすることは、その上にある胸部や頚部を安定させることにつながります。
整体施術では、脊柱の生理弯曲の正常化を図るため、写真のように施術台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらいます。四つん這いの姿勢をとることで、内臓から骨盤に掛かる圧迫を一時的に緩和することができ、骨盤周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。また、四つ這いの姿勢の状態のまま足首を回転させることで、下肢の緊張を緩和させることもできます。

骨盤調整シムス位

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

胸郭可動調整整

胸郭のゆがみは、胸郭の上に乗る頸部から頭部のバランス不良を招いたり、肩甲骨や肩関節、腰部や股関節の動きを制限します。うつぶせになり、肋骨付近に手を触れて優しく揺らします。こうすることで胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部を整えます。
 東葉コンディショニングでは、胸郭のゆがみが症状にどう影響しているかを診て、ゆがみを治し可動の正常化を図ります。胸郭とは、胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部の骨格のことをいい、骨盤とともに体幹部を構成しています。

家に例えると胸郭は屋根、骨盤は土台、その間にある脊椎が大黒柱に当たります。

胸郭である屋根が歪むと、大黒柱である脊椎も歪み、過度な負担になります。

この胸郭のゆがみを解消し背骨全体への過剰な負担がかからないようにしていくことは、首や肩の症状を改善させていく上で重要になります。

頸椎調整

あおむけで頸椎専用に当院が独自に開発した「センターラインピロー」を使って施術します。首に軽く触れて、ゆっくりと優しく揺らしていきます。こうすることで頸部周辺の筋肉の緊張を緩和し、頸椎の歪みを調整していきます。

頸椎ストレッチ

あおむけで頭をゆっくり持ち上げていくと、頸椎がストレッチされ、頸椎の歪みが調整されます。首周辺の筋肉の緊張が緩和し、本来あるべき生理弯曲を取り戻していきます。

 

ストレートネック・スマホ首による、首の痛みや慢性的な肩こりを改善させるポイントは4つ!!

  1. 全身の骨格のゆがみを整えて、頸椎に負担がかからない身体のバランスにしていく。
  2. ガチガチで疲労の溜まった首・肩の筋肉をゆるめて、血液循環をよくしていく。
  3. 動きが悪くなった関節の可動をよくしていく。
  4. 首に過度な負担を掛ける猫背・円背の矯正。

というステップを施術の中で行います。また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

 

ストレートネック・スマホ首による首痛の症例

ストレートネックが原因の頭痛

船橋市 30代女性 Mさん

IT企業に就職し、20代前半からデスクワークをしてきたMさん。ウェブデザインの担当をしていた時には、ディスプレイの大きいデスクトップ型パソコンを使っていました、3年前から営業職に変わり、ノート型パソコンを使うようになりました。

元々猫背だったMさんですが、ノート型パソコンを使い始めてからは更に姿勢が悪くなったと言います。ディスプレイが小さく、パソコンに向かっている時間が長くなるほど顔がディスプレイに近づいてしまいます。視力が悪かったのも猫背に拍車を掛けました。

営業職になって、半年が過ぎた頃のことです。朝起きると、首が痛くて動かせなくなりました。その時は寝違えだと思って、放っておいたのですが、一週間後には首の痛みが再発。更に頭痛が頻発するようになりました。Mさんは首の痛みと頭痛は別の原因だと考えていました。そのため、まず頭痛を治すために内科を受診しました。お医者さんからは、この頭痛は首の筋緊張性が原因だろうと言われ、整形外科を受診するように言われました。

整形外科で首のレントゲンを撮ると、「これは完全にストレートネックですね。」と言われました。Mさんはストレートネックという言葉だけは知っているだけでした。お医者さんはレントゲンを見せて、正常な首とストレートネックを比較して見せてくれました。正しい首は生理弯曲と言われるカーブが見て取れましたが、Mさんの首には生理弯曲が全くありませんでした。

湿布薬と週に2回の首のけん引治療を続けること、3カ月。頭痛が治まらず、どうしようかと悩んでいたMさん。会社の同僚に話をしたところ、その同僚も同じくストレートネックで困っていて、東葉コンディショニングでよくなったという話を聞きました。話を聞いた当日に電話をして、週末に予約を取りました。

東葉コンディショニングでは、首の整理弯曲だけでなく、背骨全体の弯曲を見ます。ストレートネックを根本的によくするには、よい姿勢を取れる骨格に変えていく必要がありました。Mさんの場合、両肩、両腕が内側に入り込んでおり、胸の筋肉も収縮。頭は前側に引っ張られ、その結果ストレートネックになり、首の後ろ側の筋肉が異常緊張していました。更にこのことが引き金となって、首から頭につながる血流を悪化させ、頭痛を起こしていました。

まず、腕のねじれを取り、肩、胸を開くようにしました。この時点で、呼吸が深くなり、肩から首にかけて温かくなったというMさん。2回目以降、背骨の調整、首の生理弯曲を作る調整を行いました。4回目までに頭痛が半減。仕事中の集中力を取り戻しました。その後、頭蓋骨調整と言われる頭の施術も行い、初回の来院から1カ月後には、頭痛は完全に無くなり、ストレートネックも8割改善しました。
よい姿勢でいるには、骨格を変えて、それをキープできるようにすることが大切だということを理解したMさんは、それを維持するために2週に1度の通院を欠かしません。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

スマホ首で頭痛、吐き気が止まらない

八千代市 10代女性 Eさん

高校生になったばかりのEさん。中学生時代は高校受験を目指し、毎日学校とは別に4時間は机に向かって、猛勉強をしてきたそうです。通学の電車の中では、スマホアプリを使って英単語を覚えるのを習慣にしていました。学校の往復だけで2時間は、スマホ画面と睨めっこ。それをほぼ一年中、続けました。

中学2年生の夏休み。塾の夏期講習で英語の講義中に普段感じなかった頭痛が出ました。頭痛薬を飲むと治まったのですが、3日後にはまた同じこめかみがズキズキと痛みました。今度は、頭痛だけでなく吐き気も出てきました。その後も1カ月以上、頭痛と吐き気に悩まされ、勉強への集中力が落ちてきました。スマホで頭痛の原因を調べると、「スマホ首」という見慣れない単語がありました。記事を読んでみると、Eさんと全く同じような症状の方が整体院でみてもらったらよくなったというコメントをしていました。

早速、自宅近くの整体院を検索したところ、東葉コンディショニングを見つけました。母親に相談したところ、整体というものが半信半疑の様子。Eさんは一緒に先生から説明を聞きたいということで母親と連れ立って来院されました。

Eさんの首の状態はひどく、スマホの使い過ぎによるストレートネック状態ということが直ぐに分かりました。Eさんは書き方が特徴的です。脇が空いた状態で、肘を前に出し、体全体を捻じった状態で書きます。そのため、顔がノートに近く、スマホの使用と合わせて、ストレートネックを悪化させる原因になっていました。

吐き気の原因も姿勢にありました。前かがみの姿勢が強化されることで、肋骨が前側に畳まれ、胃を圧迫していたのです。整体施術では肋間筋と呼ばれる肋骨の間の筋肉を弛緩させ、内臓の調整を行いました。調整後直ぐに、胃が楽になり、呼吸も深くできるようになりました。

ストレートネックの調整を行うと共に、スマホの使うときの姿勢、勉強するときの姿勢など、日常生活での姿勢改善アドバイスを行いました。これらを来院する毎に説明を行ったお陰か、お母様も納得され、今ではご自身も腰痛改善のために通院されています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」

来院される方の症状を1日も早く解消するために考え抜かれた、「他とは違う東葉コンディショニングの症状改善プログラム5つの特徴」をご紹介します。

1.通常の整体とは全く違う施術をします

当店では通常の整体やマッサージとは違い、ポキポキしたり、揉んだり、押したり、叩いたりはしません。

当院では、ゆらゆら優しい刺激で脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液などの循環を改善していきます。

人間には、600もの筋肉があるといわれ、浅い層の触れる筋肉「表層筋」と触ることができない深い層の「深層筋」があります。

コリや疲労や「表層筋/深層筋」どちらにも築成されていますが、「触れる筋肉」を揉みほぐし続けても、その下にある「深層近」に及ぼす効果が少ないです。

「なかなか疲れやコリがとれない、マッサージを受けてもすぐ戻る」という方は、深層筋に原因がある可能性があります。

当院の施術では、ゆらゆら揺らしながら脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液の流れを改善し筋肉を健康な状態にしていきます。

 

2.痛みの原因を取り除いていく根本療法

「痛いと感じる場所」と「痛みを作り出している場所」は違います。

当院では痛みを作り出している原因を見極め、取り除く根本療法を行います。

マッサージ・湿布・電気療法と違い、痛みの出ている箇所(結果)を取るのではなく、痛みを作り出している原因(根本)を取り除く根本療法です。

姿勢診断システム「ボディコンシェルジュ」はカラダのゆがみやねじれを測定し、立体的にカラダの状態を映し出します。

口頭で「姿勢が悪い」「カラダがゆがんでいる」等と言われても中々ピンときませんが、画像で見ると自分のカラダの状態がよくわかります。

当院では、ボディコンシェルジュを用いて、今のカラダのバランス状態をしっかりと明確にし、慢性的な症状の原因を把握します。

個々の状態に合わせた自己ストレッチ、トレーニング及び日頃の姿勢の改善ポイントをアドバイスしていきます。

 

3.当院独自のストレット等のアドバイス

当院では、整体施術に加え、当院独自のストレッチ等もアドバイスいたします。

当院では、症状を早く改善するために、又、再発予防のために整体だけではなく、正しいカラダの使い方、自己ストレッチ、呼吸法、入浴や睡眠、感情のコントロール方法などトータル的にアドバイスします。

慢性的な症状の原因のほとんどは、その方の生活習慣の中にあります。

整体を受けて一時的に体調が回復しても。悪い習慣を改善していかない限り、症状が再発する可能性は高くなります。

当院では、来院された方々がつらい症状を1日も早く解消し、健康的に楽しく日々生活ができるように願っております。

そのためにトータル的なアドバイスを積極的に行います。

 

 

4.施術は短時間

当院では、短時間の施術で改善効果を出します。

当院の施術時間は1回20〜30分です。

人間の体は扇風機の弱い風でも長時間あたっていると負担になり、だるさなどの疲労が出ます。
カラダにかかる負担を最小限に抑え、出来るだけ短時間で回結果を出すという考え方で施術を行っています。

尚、重症な方や全身に渡って広範囲に症状があり、1回の施術では対応が難しい方、遠方から来院される方には、休憩時間を挟んで1日に2回施術をオススメする場合もあります。

 

5.整体記録ノート

当院では、整体記録ノートをお渡ししています。

来院者さんと施術者が相互にカラダの状態を理解し、症状回復に向け取り組んでいくために、毎回施術内容と症状の変化を記した「整体記録ノート」をお渡ししています。

皆様のつらい症状を1日も早く解消し、健康に楽しく日々生活ができるように症状改善に向け一緒に取り組んでいきましょう。

 

 

ストレートネック・スマホ首の豆知識

最近よく聞くストレートネック〈まっすぐ頸椎〉って、どうなっているの?

A. パソコンのディスプレイを覗き込むように頭を前に出したり、猫背などの不良姿勢を続けていると、頸椎もその姿勢に合わせた状態でまっすぐになっていきます。

これで自然な首の弯曲(前後のカーブ)が失われてしまい、頭の重さをうまく分散できず筋肉や骨に負担がかかります。

首の周辺には脳へつながる血管や様々な末梢神経が通っていて、首の筋肉が硬直すると、その神経が強く圧迫され脳への血流が滞って頭痛が起こったり、吐き気、不眠、集中力の低下やうつ症状を引き起こすこともあります。
※頸椎の関節を調整すると、まっすぐだった頸椎でも生理的な弯曲がついてきます。

パソコンやスマホ作業でストレートネックやスマホ首にならない工夫を教えて?

A. パソコン操作は現代のライフスタイルでは避けて通れない作業。それゆえに、自衛策を知っておくことが大切です。 

  • PCの画面が自分の目線と同じ高さになるように調整する
  • 画面から目との距離は40cm以上
  • 肘かけがあれば肘が90度よりすこし開くくらいの高さにする
  • 肘かけがなければキーボードの手前にスペースをあけて肘をおく
  • 膝の裏と座面の縁に拳一つ分スペースをあける
  • 深く掛けて背もたれに背中を当てる。背もたれが動くなら、ももと体が90度以上にする。
  • ディスプレイの調節して、目を疲れさせないために文字を大きく設定する。
  • 日光や照明が反射しないように、カーテンや角度を変えて調節する。
  • 左右の手を適度な角度にして、手が反らないようにする手の置き方を心掛ける。
  • 眼精疲労を防ぐため、ブルーライトをカットするメガネを使用する。

 

自分でできるストレートネック・スマホ首予防・改善エクササイズ

ストレートネック・スマホ首の方に役立つ5つのエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和
  • 腰部可動域改善

肩甲骨寄せてバンザイ

<効果>

  • 肩甲骨の柔軟性アップ
  • 肩甲骨の歪み矯正
  • 肩関節の可動域改善

チン・イン

<効果>

  • 首、肩こりの緩和
  • ストレートネックの矯正

首ゆらゆら

<効果>

  • 頸椎に正しい弯曲を作る
  • 首、肩こりの緩和
  • 猫背の矯正

後頭部・首後面ストレッチ

<効果>

  • 頸椎に正しい弯曲を作る
  • 首、肩こりの緩和
  • 猫背の矯正

 

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

ストレートネック・スマホ首による、首の痛みや慢性的な肩こりになる原因

こんな姿勢、とっていませんか?

ストレートネックやスマホ首は、普段の何気ない姿勢や習慣に、原因が隠れている可能性があります。

  • 寝ころんだ状態でスマホを操作している
  • 背筋を丸めた姿勢で座っている
  • 下を向くようなうつむいた姿勢でいる

などは、ストレートネックやスマホ首と呼ばれる頸椎のゆがみを作る原因となります。

【NG姿勢】

ストレートネック・スマホ首の状態とは

では、ストレートネックやスマホ首はどういった状態なのでしょうか?

成人の頭の重さは体重の10%・約6~8kg = ボーリング玉の16ポンド(7.2kg)相当といわれています 。

その頭の重さを支えているのが、脊柱の生理弯曲と言われるS字カーブです。

このS字カーブは、バネの役割をし、衝撃を和らげたりバランスをとったりしています。

パソコン作業やスマホの操作のように、首の筋肉や関節への負担が大きくなるうつむいた姿勢を長時間取り続けていると、頭の重みを首で支えきれずに筋肉に過度な負担がかかります。

通常、下左図のように人の頚椎には30度〜40度のゆるやかなカーブ(生理弯曲)があり、頭の重さを支えています。しかし、うつむく姿勢は下右図のように、このS字カーブが30度より小さくなり、生理弯曲を失った状態になってしまうのです。

この状態を『ストレートネック』や『スマホ首』と呼びます。

ストレートネックの方の多くは、首が前方に突き出て猫背になっており、頭の重さが首や肩の筋肉や関節に過度な負担を掛けるため、慢性的な首痛や肩こり、頭痛、背中痛などの症状に悩まされます。

男性よりも筋力の弱い女性の方がなりやすいのが特徴です。

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

整体院東葉コンディショニングの、ストレートネック・スマホ首による、首の痛みや慢性的な肩こりに対する施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

電話問い合わせ