0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時
0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時

足のつり改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 夜中に足がつると、激痛で眠れない
  • 足がつりそうな違和感がずっと続いている。
  • 足がつっては治まる、を繰り返してつらい。
  • 足のつりが治まった後も、痛みがなかなか引かない

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは足がつる原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
つる部分だけ施術するのではなく、優しい整体施術法で全身を整えて、健康な姿勢を手に入れることで、根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「しょっちゅう夜中に足がつる」

「足のつりが出ると目が覚めてしまい、睡眠不足で困っている」

「一度足がつると、その後ずっと痛みや違和感が残ってしまい、つらい」

という方が来院されています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっており、そのバランスの取り方は「ダルマ落としゲーム」と共通しています。

どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出る。一部に歪みが出た場合、他の部位をも歪ませることでなんとかバランスを保っているのです。

 

 

 

こうしたバランスがくずれることで、筋肉に過度な負担が掛かったり、血行不良などが起こると、夜中に足がつりやすくなるのです。

 

ここで、なぜ足がつるのか、その主な原因とその予防・対策を見てみましょう。

 

(1)筋肉疲労

<原因>

足がつる原因として最も多いのが筋肉疲労と言われています。中でもつりやすいのがふくらはぎの「腓腹筋(ひふくきん)」です。

筋肉の仕組みを説明すると、「筋繊維(きんせんい)」という一本ずつの繊維が束になったものを「筋束(きんそく)」と言い、その筋束をさらに集めたものが筋肉です。

筋肉の酷使などによって疲労すると、うまく神経系統との連携がとれなくなり、筋肉の中にある筋繊維の一部だけが強く縮むことで、縮んでしまった筋繊維と縮んでいない筋繊維の間にズレが生じ、そのズレが「痛覚繊維(つうかくせんい)」を刺激し、強い痛みを発症させます。これが、筋肉疲労による「足がつる」状態です。

<予防・対策>

 筋肉の衰えを防止するためにウォーキングなどの適度な運動と、筋肉に疲労を残さないように、運動後や寝る前にふくらはぎを中心としたストレッチをして、下半身の疲労を取り除きましょう。足首を入念に回すエクササイズもお手軽で効果があります。

 

(2)体内ミネラルのバランスの乱れ

<原因>

ミネラルは、カラダの健康を維持するために、それぞれが大事な働きをしています。しかし、スポーツや真夏の暑さで大量の汗をかいたり、下痢や嘔吐、利尿剤など薬の副作用でナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルは減少します。

筋肉の収縮や弛緩といった運動の信号の役目を果たしているカルシウムなどが不足すると、筋肉の異常な興奮状態を招き、「痙攣(けいれん)」を起こしたりします。

<予防・対策>

 運動時や真夏の汗をかく季節は、特にこまめな水分補給を心掛けて下さい。

スポーツドリンクは、汗で失うミネラルがバランスよく配合されているのでオススメです。

 

(3)運動不足や加齢による筋肉の衰え、血行不良

<原因>

運動不足や加齢による筋肉の衰え、冷えによる血行不良などで、カラダの温度調整機能が低下し、筋肉の伸び縮みがうまく制御できなくなると、筋肉が異常収縮し足がつってしまいます。睡眠中に足がつるケースは、これが原因であることも多いと言われています。

<予防・対策>

冷えも足がつる原因の1つになります。シャワーで済まさず、ゆっくり湯船に浸かりカラダを温め、血行促進、疲労回復を心掛けましょう。また、冷房の使いすぎ、素足を出す服装を控えるなど、下半身や足を冷やさない工夫をしましょう。

 

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底した足がつる方への施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • 全身のバランス調整
  • 足周辺の筋肉の弛緩
  • 足部アーチの形成
  • 脚アライメントの調整
  • 膝関節のねじれ解消

などで、足がつる原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っている、足がつることでの痛みを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

骨盤調整シムス位

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

下肢アライメント調整

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

下肢アライメントを整えることで、その上部ある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

以上のことから、下肢への過剰な負担を減らし、症状を改善させるために、下肢アライメント調整は非常に重要になります。

足部調整

足のアーチは、①内側縦アーチ ②外側縦アーチ ③横アーチの3つがあり、立ち姿勢のカラダのバランス保持、走る、歩くと行った運動機能を担っています。
この足のアーチが崩れると①身体を支える安定力の低下②衝撃吸収力の低下③運動能力の低下につながり、骨格の歪みや関節の変形、筋肉疲労など、様々な症状の原因になります。
各症状を改善させていくために必要な身体バランスを整えるため、足部のアーチ形成は重点的に行います。

 

足のつり症状を改善させるポイントは3つ!!

  1. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで足の筋肉にかかる過剰な負荷を減らす。
  2. 足の筋肉の緊張を緩和し、溜まった疲労を解消する。
  3. 膝関節や足首などの脚アライメントを整え、血流を改善させる。

以上のステップを整体施術の中で行います。

同時に、早期回復や再発防止のために、日頃の姿勢や正しいカラダの使い方を学んだり、生活習慣を改善していくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

足がつる症例

夜中に足がつる!原因は足首の固さ?

八千代緑が丘 Kさん70代 女性

70代の女性Kさんは、数年前から夜中に足がつるようになりました。

特に2年前からは頻繁なため、病院に行きましたが異常はないとのこと。 仕方なく湿布を貼ったり自分でマッサージをするなどして、過ごしていました。

 

ところがある日、お母さん(97歳)の付き添いで行った病院の待合で立ち上がろうとした時に、これまでにないほど足がつり、その場に崩れ落ちてしまったのです。

これは何とかしなくてはと、恥ずかしいやら情けないやらという気持ちを抱えながら、お母さんが通院していた整体院東葉コンディショニングにかかることになりました。

 

来院時のAさんの足の指は変形し、常に指に力が入っている状態でした。

足首も固く、足底アーチが潰れていたので、まずは足部の形状を整えるように整体施術を行いました。

整体施術が終わると、その場では足が軽くなるのですが、3回の来院では相変わらず夜中に足がつっていました。しかし、来院4回目からは足がつることがあっても、軽く、短時間で落ち着くようになってきたのです。

 

仕事をされているため週に一回しか通院できませんでしたが、足首に動きが出きた6回目には、左足がつらなくなりました。

長年つっていた右足は筋肉が張りすぎており、その後もなかなか変化が見られませんでしたが、10回目の整体施術を受ける頃には、初めて夜中に足がつることなく眠れるようになりました。

 

順調に回復する中、お母さんの体調が悪くなり1ヶ月間来院できない時期がありましたが、その間もセルフケアをしっかり行ってもらっていたので、良い状態を維持することができました。

 

その後、何度か足がつることはありましたが、1ヶ月後には一週間予約を空けても足のつりは出なくなりました。

Kさんはお母さんと一緒に月に1回、ご自身の身体のメンテナンスで整体施術を受けにいらしています。

 

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

夜中に足がつって痛くて歩けない!

八千代市 Mさん60代 男性

営業職の60代男性Mさんに起こった、定年間近のできごとです。

 

普段から仕事で歩き回っていましたが、特に足の疲労を感じることはありませんでした。しかし、その夜は足に違和感があり、気にはなりましたがそのまま布団に入りました。そして深夜2時頃、突然ふくらはぎの激痛に襲われたのです。

 

足のつりは、1時間ほど続きました。それでもなんとか眠りにつきましたが、朝、目が覚めた時には、ふくらはぎの痛みで足をつくことができなくなっていました。どうすることもできないまま、その日は会社を休み足を引きずって病院に行きました。

 

ところが、病院では異常なしと言われたのです。処方された湿布を貼って1日休みましたが、その夜もまた足がつってしまいました。

このままでは仕事に行けないと思ったMさんは、会社を休み、10年前に腰痛でかかったことのある整体院東葉コンディショニングに来院されました。

 

Mさんの姿勢は、O脚でガニ股、背中も丸まっていました。そのため、ふくらはぎは筋肉本来の柔らかさを失い、骨のように固く、足首はほとんど動かない状態でした。

定年まで残り3ヶ月、Mさんの願いは、引退後、奥さんと海外旅行をすることでした。

夢の実現のため、まずは全身の歪みをとるように整体施術を行いました。その日は、特に実感できる変化は感じとれず、夜中にまた足がつってしまいました。

 

整体を受けても、この症状は変わらないのではないか……?そう心配したMさんに、今の体の状態と通院の必要性をしっかり説明したところ、その後2週間をほぼ毎日、続けて来院されました。

引き続き、ふくらはぎの筋肉のリリースを行ったところ、3回目ぐらいにやっと足首に少し動きが出てきました。

しかし、まだまだ筋肉の緊張は強いままで、足のつりは治まりません。

 

5回目が終わる頃、ふくらはぎの筋肉の弾力がつき始め、なんとか足を引きずらずに歩けるようになりました。

けれども仕事に復帰した初日に、また足のつりが出てしまいました。しかし、つり症状が出ていた場所がこれまでとは違います。

Mさんの足首は、久しぶりに正しい方向に動かされたことで、これまで縮んで使われていなかった筋肉が急激に引き伸ばさていたのです。これは、今までの凝り固まった緊張が原因のつりとは違うものなのでした。

 

その後も仕事に行きながら整体施術を受け、仕事復帰4日目にはようやく足がつることなく、一晩眠ることができたのです。

 

その日を境に足のつりは出なくなりました。Mさんは無事に定年を迎え、念願だった奥さんとの海外旅行にも最高のコンディションで行くことができました。

 

旅行から帰ってきた後は、毎月しっかりメンテナンスを行い、奥さんとウォーキングを楽しみながら元気な老後を過ごしています。

 

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」

来院される方の症状を1日も早く解消するために考え抜かれた、「他とは違う東葉コンディショニングの症状改善プログラム5つの特徴」をご紹介します。

1.通常の整体とは全く違う施術をします

当店では通常の整体やマッサージとは違い、ポキポキしたり、揉んだり、押したり、叩いたりはしません。

当院では、ゆらゆら優しい刺激で脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液などの循環を改善していきます。

人間には、600もの筋肉があるといわれ、浅い層の触れる筋肉「表層筋」と触ることができない深い層の「深層筋」があります。

コリや疲労や「表層筋/深層筋」どちらにも築成されていますが、「触れる筋肉」を揉みほぐし続けても、その下にある「深層近」に及ぼす効果が少ないです。

「なかなか疲れやコリがとれない、マッサージを受けてもすぐ戻る」という方は、深層筋に原因がある可能性があります。

当院の施術では、ゆらゆら揺らしながら脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液の流れを改善し筋肉を健康な状態にしていきます。

 

2.痛みの原因を取り除いていく根本療法

「痛いと感じる場所」と「痛みを作り出している場所」は違います。

当院では痛みを作り出している原因を見極め、取り除く根本療法を行います。

マッサージ・湿布・電気療法と違い、痛みの出ている箇所(結果)を取るのではなく、痛みを作り出している原因(根本)を取り除く根本療法です。

姿勢診断システム「ボディコンシェルジュ」はカラダのゆがみやねじれを測定し、立体的にカラダの状態を映し出します。

口頭で「姿勢が悪い」「カラダがゆがんでいる」等と言われても中々ピンときませんが、画像で見ると自分のカラダの状態がよくわかります。

当院では、ボディコンシェルジュを用いて、今のカラダのバランス状態をしっかりと明確にし、慢性的な症状の原因を把握します。

個々の状態に合わせた自己ストレッチ、トレーニング及び日頃の姿勢の改善ポイントをアドバイスしていきます。

 

3.当院独自のストレット等のアドバイス

当院では、整体施術に加え、当院独自のストレッチ等もアドバイスいたします。

当院では、症状を早く改善するために、又、再発予防のために整体だけではなく、正しいカラダの使い方、自己ストレッチ、呼吸法、入浴や睡眠、感情のコントロール方法などトータル的にアドバイスします。

慢性的な症状の原因のほとんどは、その方の生活習慣の中にあります。

整体を受けて一時的に体調が回復しても。悪い習慣を改善していかない限り、症状が再発する可能性は高くなります。

当院では、来院された方々がつらい症状を1日も早く解消し、健康的に楽しく日々生活ができるように願っております。

そのためにトータル的なアドバイスを積極的に行います。

 

 

4.施術は短時間

当院では、短時間の施術で改善効果を出します。

当院の施術時間は1回20〜30分です。

人間の体は扇風機の弱い風でも長時間あたっていると負担になり、だるさなどの疲労が出ます。
カラダにかかる負担を最小限に抑え、出来るだけ短時間で回結果を出すという考え方で施術を行っています。

尚、重症な方や全身に渡って広範囲に症状があり、1回の施術では対応が難しい方、遠方から来院される方には、休憩時間を挟んで1日に2回施術をオススメする場合もあります。

 

5.整体記録ノート

当院では、整体記録ノートをお渡ししています。

来院者さんと施術者が相互にカラダの状態を理解し、症状回復に向け取り組んでいくために、毎回施術内容と症状の変化を記した「整体記録ノート」をお渡ししています。

皆様のつらい症状を1日も早く解消し、健康に楽しく日々生活ができるように症状改善に向け一緒に取り組んでいきましょう。

 

 

足のつり豆知識

足がつった!!まずどうすればいいの?

A. 

ふくらはぎなどの足のつりは、筋肉が収縮し、けいれんを起こしている状態です。収縮している筋肉をゆっくりと伸ばすと良いでしょう。

揉んだり、勢いよく足首を回すなどは、逆効果になることがありますのでやめましょう。

ある程度落ち着いたら、軽くさすったり足浴などであたためることで、その後の痛みが和らぎやすくなります。

足のつりは、なぜ寝ている時に多いの?

A. 

ハッキリ原因が分かっているわけではありませんが、足がつる理由の1つに「冷え」があります。夜中から明け方にかけて気温が下がるため、寝ている時に足がつりやすいと考えられています。

 

自分でできる足がつる症状の改善・予防エクササイズ

足がつる方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

足首回し

<効果>

  • 足のむくみ、ふくらはぎの疲労緩和
  • 足首の柔軟性改善

ふくらはぎストレッチ

<効果>

  • 下肢の血流改善
  • 足の疲労緩和

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早い症状回復が見込めます。普段から痛みが出るような姿勢や動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

足がつる時の痛みなどに対する東葉コンディショニングの施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

 

この足のつりですが、ごくたまに起こるようなら一時的なものであまり心配はいりませんが、頻繁に足がつる場合は、筋肉に傷がつき「肉離れ」状態になったり、夜中々眠れず睡眠障害になったりするので注意が必要です。

特に、一度足がつったあとは筋肉に固さが残り、再度足がつりやすい状態になっているケースが多く見られます。

 

ふくらはぎは、第2の心臓と言われるほど大切な箇所ですので、頻繁に足がつる、ふくらはぎが硬くなり痛みが取れないなどでお困りの方は、ぜひ一度整体院東葉コンディショニングにご相談頂ければと思います。

 

電話問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加